銀座【帯4659】洛風林製 袋帯

銀座【帯4659】洛風林製 袋帯

色を薄めた梅染色の濃淡色による経絣を背景に愛らしい梅花、大胆な唐花と共に花喰い鳥が華やかに表現された袋帯です。正倉院に遺る花喰い鳥の文様は鳳凰や鴛鴦、尾長鶏や鶴など鳥の種類も様々ですが、こちらは嘴の太い鸚鵡が瓔珞のような連なる珠をくわえたお品。エキゾティックな趣きが強いモチーフを、青白橡や鳩羽色、茶鼠に灰梅色、洗朱などシックな中間色や柔らかな緑のグラデーションがとても上品に、そして個性的にまとめ上げていますね。古今東西を問わぬ膨大なデザインの蓄積から生まれる多様な意匠を、西陣の老舗機屋の手で製織する洛風林さんの作。時代の先を走る洗練された帯づくりで知られる作り手さんならではの、確かな存在感を備えた一点です。控えめに金銀糸を添えた優しくも迫力ある世界が、無地感覚の紬からドレッシーな織り、小紋や付下げなど幅広い着物をモダンに引き立ててくれることと思います。