銀座【帯4664】久呂田明功作 絽縮緬地染名古屋帯 淡い薄花桜色 杜若の図(二部式)

銀座【帯4664】久呂田明功作 絽縮緬地染名古屋帯 淡い薄花桜色 杜若の図(二部式)

彩度を落とした薄花桜色が近いでしょうか、青みをおびた淡い紫系の絽縮緬の地に、帯を埋め尽くすかのように杜若の花が描かれた名古屋帯です。こちらは江戸友禅作家・久呂田明功さんの作。かつて浦野理一さんの仕事を支えたことでも知られる先代からの作風を受け継ぎ、存在感のある着物や帯を創り続けておられますね。ほっそりと金糸で縁取られた華やかな葡萄色と深みのある千歳緑の濃淡色、そして清々しい白…コントラストのはっきりとした彩りと力強い筆で、生命力あふれる初夏の花の姿を見事に表現した染め帯の名品です。かたちの綺麗な二部式の仕立てになっていますので、気温が上がる時期の着付けには心強いですね。上質な紬や小紋、色無地などの装いに合わせて、季節をまとう着物ならではの風情をお楽しみ下さいませ。