銀座【帯4697】西陣 山口美術織物製 袋帯(反端 栞付)

銀座【帯4697】西陣 山口美術織物製 袋帯(反端 栞付)

さっくりとした黒の地に並べられた鈍く煌めく金糸による立涌文を背景に、褐返色や老竹色、葡萄色に金糸を添えて桐花文が織り出された袋帯です。格調高い正統派古典意匠をやや個性が強めの色調で表現することで、帯の存在感が一段と際立っていますね。単衣時期から夏の社交着は比較的淡いお色目のお品が多いかと思われますが、そんな装いを凛と引き締めてくれるお使いになりやすい一点です。ほんのりと透け感のある地風ですが、昨今の西陣の帯では良く見られるスリーシーズン対応の質感で季節を選ばないお柄。少し改まったお席からパーティなど活躍の機会も多いことと思います。西陣 山口美術織物さんの作、この機会にいかがでしょうか。