銀座【帯4808】城間栄順作 芭蕉布地 本紅型 染名古屋帯「遊波」(落款入)

銀座【帯4808】城間栄順作 芭蕉布地 本紅型 染名古屋帯「遊波」(落款入)

戦争で一時途絶えながらも、平良敏子さんを中心とする方々の尽力によって復興した沖縄の至宝 芭蕉布。糸芭蕉から繊維を取りだし、細く裂き、糸を績み、、昔ながらの工程を守り、丹精込めてつくられる布は究極の夏織物として、その技術が国の重要無形文化財に指定されています。こちらはその稀少な布に紅型染が施された贅沢な名古屋帯。現代の本紅型を代表する作り手である城間栄順さんの作品で「遊波」と銘されています。明度を落とした浅黄色が近いでしょうか。芭蕉の糸そのもののナチュラルなベージュを背景に、弾ける波と共にパイプウニやヒトデなどの楽しいモチーフが並べられたお品。藍濃淡に淡い利休色など落ち着いた彩りを中心に置いたシックな色遣いは、本紅型の個性を守りつつも程良く抑えられ、どなたにもお使いになりやすいことと思います。パイプウニとは珊瑚礁に生息する円みを帯びた長いとげを持つウニとのこと。どこか愛嬌のある不思議なかたちが、遠い南国の海の微笑ましい景色を想像させてくれますね。装いにきらきらとした夏の輝きを運んでくれる逸品。同じ風土に育まれた織りと染めがつくりだす圧倒的な存在感を、どうぞお確かめくださいませ。