銀座【帯4823】和田光正作 金彩友禅 袋帯(落款入)

銀座【帯4823】和田光正作 金彩友禅 袋帯(落款入)

染色の装飾の一部であった金彩加工を、糊や箔の素材や色などあらゆる面から改良開発を重ね、金彩だけの手描友禅の形として完成させた和田光正さんの作品から、銀彩による陰影豊かな表現で菊唐草が描かれた袋帯です。絹鼠色、薄鼠色、青磁鼠色の三色を交互に配した横段に銀彩による格調高い花文を置き、重ねて盛り上げ箔を用いたレリーフのように迫力ある菊唐草文が鈍い輝きと共に浮かび上がるお品。多彩な金銀の色を熟練の技術で自在に操るこの方ならではの、華麗で幻想的な世界が生まれていますね。明るい光の中に在る現代の着物シーンに美しく映えるクールな表情は、合わせる着物次第で古風にもモダンにも、様々な表情をお楽しみいただけることと思います。秋口からのお呼ばれにいかがでしょうか。