銀座【帯4845】琉球花織 九寸名古屋帯  

銀座【帯4845】琉球花織 九寸名古屋帯  

やや彩度を上げた砥粉色が近いでしょうか。ベージュ味を帯びた黄色の紬地に、シンプルな緯絣の細い横段を挟みながら、花織による様々な幾何文様が表現された九寸名古屋帯です。沖縄には各地に花織が伝えられており、技法が重なる部分もあるため特定はいたしかねますが、この地の染織品らしい手仕事の温かみが生きる、工芸色豊かなお品ですね。太糸を用いた手花織が大胆に切り取った地を、緯浮花織による繊細な装飾文が細やかに埋めており、空間を大きく残した個性的な景色がとても印象的です。紬や小紋に合わせて、花織ならではの心弾む装いをお楽しみくださいませ。