銀座【着物3934】小紋 唐茶色 楓文

銀座【着物3934】小紋 唐茶色 楓文

明度を落とした唐茶色が近いでしょうか。やや赤みを強めた焦茶系の地に芥子色や柿茶、柳茶など渋めの色をのせた楓の葉をはらりと散らした小紋です。ふっくらと円みを帯びた愛らしい葉のかたち、シックでありながら落ち着いた華を感じさせる絶妙な色遣いが印象的なお品、秋が深まりゆく頃のえもいわれぬ風情をさらりと体現してくれる、とても美しい小紋ですね。この季節の定番柄ともいえる楓をこんなにも魅力的に使いこなす手腕は、さすが銀座の名店 志ま亀さん。気軽な染め帯から少し格高の袋帯まで、帯合わせで様々な着こなしをお楽しみ頂けそうですね。ぜひこの機会にご覧くださいませ。