銀座【帯4877】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「彩変桐文」

銀座【帯4877】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴錦 袋帯「彩変桐文」

銀糸の清々しい煌めきを纏った象牙色の地に、特徴あるねん金糸や平箔の金銀糸と共に黄櫨染色が近いでしょうか、深みのある朱や爽やかな若竹の彩りを其処此処に覗かせながら、端正な桐文が並べられた袋帯です。主張のある鮮やかな色糸も、煌めく金銀糸に包みこまれることで、一歩引いた上品な華やぎをみせてくれるお品。こちらは西陣の名門機屋・桝屋高尾さんの代表作として広く知られている ねん金綴錦です。ねん金綴錦は金箔を巻き付けた真綿糸を用いて製織されており、奥深い輝きと真綿の柔らかい質感を併せ持つ独特の景色が、晴れの日の装いを華麗に引き立ててくれますね。これまでもシンプルな段霞文を始めとして様々な色柄をご紹介してまいりましたが、今回ご覧頂くお品は素材そのものの贅沢な個性に加えて、明るい彩りの桐文がリズミカルに整列する姿に軽やかな清々しさを感じます。様々な場面で活躍してくれる上質なフォーマル帯、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。