銀座【着物3969】西陣 紋屋井関製 御寮織 繍一ッ紋 色無地(反端 栞付)

銀座【着物3969】西陣 紋屋井関製 御寮織 繍一ッ紋 色無地(反端 栞付)

やや明度を上げた青鈍色が近いでしょうか。僅かに灰みを含んだ落ち着いた青磁系の地から天皇御用の格式を持つ桐竹鳳凰文の地紋がくっきりと浮かび上がる、色無地の着物です。こちらは室町期より御寮織物司として宮中の装束などを手掛けてこられ、今も西陣屈指の歴史を誇る機屋として格調高い帯や着物を創り続けておられる紋屋井関さんの作。極上の素材を惜しみ無く用いた最高級の織物として知られる御寮織のお品です。帯合わせ次第で幅広い場面で活躍してくれる色無地は、気に入ったお色目で上質なものを揃えておきたいもの。とりわけこちらのような西陣織はしなやかで程良い張りがあり着崩れも少なく、様々なお席で重宝頂けることと思います。西陣の名門ならではの洗練された表情の一枚、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。