銀座【着物3998】郡上紬 香染色 破れ格子(反端付)

銀座【着物3998】郡上紬 香染色 破れ格子(反端付)

経糸は玉繭から引いた節のある玉糸を、緯糸には選び抜いた春繭の本真綿から手でつむいだ糸を用い、草木で丹念に染め、高機で織り上げられる極上の織物、郡上紬の着物です。この紬は結城と比肩されるほどの優しい暖かさを備えており、厳寒期にも着る人をしっかりと護ってくれる、頼り甲斐のあるお品。今回のご紹介は香染色が近いでしょうか。やや黄みに寄せた薄茶の地に、檜皮色や千歳茶色を破れ格子に配した郡上らしい落ち着いた色遣いの一枚です。選び抜かれた美しい彩りが経緯にすっと走り、ふわりと溶け込んでゆく郡上ならではの力強い景色が、冬へと向かうこれからの季節に温かく映えることと思います。人間国宝 宗廣力三さんが大変な苦労を重ねて育て上げた紬の名品、着る方や年齢を選ばず、長くご愛用頂けますね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。