銀座【帯4957】帯匠 誉田屋製 袋帯

銀座【帯4957】帯匠 誉田屋製 袋帯

青磁鼠色が近いでしょうか。経糸に撚銀糸、緯糸には煌めくラメの平箔糸が織り込まれた淡い緑系の地に白藤色や納戸色をほんのりと利かせて、洋風の複雑な装飾紋様を表現した袋帯です。4本の撚銀糸が一度に織り込まれた細く立体感のある畝が陰影豊かな景色を作るお品。高度な織技から生まれた洗練された洒落みが、装いをモダンに引き立ててくれそうですね。こちらは帯問屋として京で280余年の歴史を持ち、卓越した染織技術から生まれる個性的な帯で名高い老舗・誉田屋源兵衛さんの作、さらりと使いこなされた贅沢な素材がつくる独特の質感、新鮮な存在感は、やはり誉田屋さんの帯ならではのもの。ドレッシーな織りから紋付、訪問着まで、帯合わせが難しい着物もしっかりと受け止めてくれる、力ある一点です。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。