銀座【着物4009】久保田一竹工房製 道中着(落款入)

銀座【着物4009】久保田一竹工房製 道中着(落款入)

一竹辻が花で一世を風靡した高名な染色家・久保田一竹さん、その独自の世界を着用しやすい着物や帯として制作された一竹工房の作品から道中着のご紹介です。こちらは鳩羽色が近いでしょうか、灰みを帯びた淡い紫を主調として明るい淡彩がオーロラのように重なり合う、幻想的な雰囲気のお品。肩にふわりと配された辻が花が一竹さんらしいアクセントとなっており、お召しになる方のお顔を優雅に引き立ててくれることと思います。別機によるどっしりとした生地には細い金糸でごく細かな花文が織り込まれており、光の加減で見え隠れする小さな煌めきがより重厚な趣きを添えていますね。防寒のみならず、一枚羽織って頂くだけで装いに華麗な存在感を与えてくれる贅沢なコート、無地感覚でお召し頂けますので、合わせる着物の色柄を選ばず重宝にお使い頂けますね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。