銀座【帯4964】佐波理綴 袋帯

銀座【帯4964】佐波理綴 袋帯

佐波理とは銅・錫・鉛の合金で正倉院御物にも見られる素材とのこと。昼夜の光量の違いで目に映る色調が大きく変わると言われるこの素材に因んで、こちらの織物は「佐波理綴」と名付けられたそうです。今回のご紹介は紗綾形に立涌を組み合わせた地紋を背景に、堂々たる枝振りの老松の姿が大胆な構図と精緻な織りで重厚に表現された袋帯。金糸を中心に鮮やかな緑や紫など様々な彩りを載せたメタリックな糸によって、布そのものが発光しているような力強い輝きが与えられています。場所の明暗によって表情を変える幻想的な景色は、どのような豪華な着物にも負けない迫力を備え、帯合わせの難しい現代作家の個性的な作品などもしっかりと受け止めてくれそうです。社交着はもちろん、上質な色無地などシンプルな装いに合わせて、変化に富んだ帯の特性をアピールして頂いても素敵ですね。織の宝石と称され、西陣の帯の中でも独特の存在感を持つ佐波理の帯、年末年始の晴れやかなお席にいかがでしょうか。