銀座【帯4968】人間国宝 森口華弘図案 爪掻本綴織 八寸名古屋帯(落款入)

銀座【帯4968】人間国宝 森口華弘図案 爪掻本綴織 八寸名古屋帯(落款入)

色を薄めた亜麻色が近いでしょうか。わずかに黄みを帯びたオフホワイトの地に、流れるように滑らかな描線によって大輪の花が表現された八寸名古屋帯です。こちらは人間国宝 森口華弘さんの図案による爪掻本綴織りのお品。淡い石竹色で彩られた優美な花の上品な甘さを、銀糸の縁取りや細く重ねられた黒、そして煌めく金糸がすっきりと引き締めています。シンプルでありながら、選び抜かれた色と完成度の高い構図には、やはり森口さんが手掛けたお品ならではの確かな個性が感じられますね。画としての迫力を生み出す勢いのある豊かな筆の動きが、爪綴れならではの緻密な織りによって見事に再現された名品。人の手の爪を道具の一つとして一越一越丹念に織り上げられる贅沢な本綴れの帯は、きゅっと締まって緩まないしなやかな風合いでも多くの方に愛されています。単衣時期から袷を通して、また八寸帯の形ながら少し改まった装いにもお使い頂ける重宝な一点、清々しい花の景色は新年のお席にも相応しいことと思います。ぜひこの機会にご覧くださいませ。