銀座【帯4969】草紫堂製 南部絞茜染 名古屋帯

銀座【帯4969】草紫堂製 南部絞茜染 名古屋帯

古くから南部地方に伝わる茜染めと紫根染めを守り続ける盛岡の工房・草紫堂さんの着物です。こちらの茜染めは熟練の技術を持つ市内近辺在住の女性が一つ一つ時間をかけて手で絞り、染料として稀少な茜の根を用いて繰り返し染められます。手のかかる入念な仕事を積み重ねることで生まれる穏やかな色の美しさ、そしてほっこりとして温かな絞りの景色は、いつまでも眺めていられるような深い趣きがあり、手に取ればどなたも魅了されてしまうことと思います。今回のご紹介は明度をぐっと落とした海老茶色が近いでしょうか。深々とした茶の奥から仄かに赤みが浮かぶ美しいお色を背景に、円く配した籠目をぬって小さな千鳥が舞い飛ぶ様子が表現されたお品。小さな一目絞りの並びも愛らしく、なんとも微笑ましい景色に心和みますね。紫根と同じく茜のお色味にも幅がございますが、こちらのように落ち着いた静かなお色目でしたら、より幅広い年代の方にお楽しみいただけそうです。紬や小紋に合わせて、気軽なお出かけにいかがでしょうか。