銀座【帯4984】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 檜皮色 無地

銀座【帯4984】浦野理一作 経節紬 名古屋帯 檜皮色 無地

日本各地の伝統的な染織技法やその歴史についての深い理解をもとに、吟味された素材と妥協のない仕事によって、その一つ一つを最高のかたちで再現なさった染織家・浦野理一さんの作品から、こちらは大きな節のある手つむぎの糸がつくる素朴な景色が印象的な、経節紬の無地名古屋帯です。趣豊かな布味と共に、着物の柄ゆきを選ばない使い勝手の良さで多くの方から愛された名品でしたが、真綿から人の手でつむぎ出される太糸は糸づくりのみならず製織も難しく、残念ながらその技術は伝えられることなく生産が終わっています。今回のご紹介はやや明度を落とした檜皮色が近いでしょうか。茶とも橙ともつかぬ深いお色目は樹皮や大地の土を思わせて、独特の強い生命力を感じさせますね。穏やかで温かみのあるお色ですので、お召しになる方や年齢を選ばず、どなたにも優しく寄り添ってくれることと思います。紬や小紋の装いを力強く引き立ててくれる浦野さんの帯、どうぞこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。