銀座【着物4022】人間国宝 森口華弘作 染三ッ紋 色留袖 薄柿色 牡丹の図(落款入)

銀座【着物4022】人間国宝 森口華弘作 染三ッ紋 色留袖 薄柿色 牡丹の図(落款入)

薄柿色が近いでしょうか。僅かに灰みを帯びた淡いピンク、ローズダスト系の地に繊細な蒔糊を置き、今を盛りと咲き誇る大輪の牡丹の花がゆったりと描かれた色留袖です。葉など花そのもの以外の表現は、白から薄墨色への抑えた色遣いに金砂子の煌めきをほんのりと重ねたシルエットのみ。深い葡萄茶色や金銀糸の繍いで艶やかに彩られた花との対比が、富貴の花 牡丹の重厚な美しさをくっきりと際立たせていますね。こちらは重要無形文化財「友禅」の保持者、森口華弘さんの作品。この方の本領である高度に完成された蒔糊や圧倒的な画力など、人間国宝ならではの究極の技術が、色留袖という晴れやかな形で存分に発揮されていますね。緻密かつ迫力ある構成は、格調高い古典美と洗練された現代性の双方をバランス良く備えており、華麗な社交着が居並ぶ場面でも、森口さんの作品ならではの一頭地を抜く贅沢な存在感をお楽しみ頂けることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。