銀座【帯5003】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴れ錦 袋帯「東欧有栖川文」(反端 証紙 登録証付)

銀座【帯5003】西陣 桝屋高尾製 ねん金綴れ錦 袋帯「東欧有栖川文」(反端 証紙 登録証付)

鈍く煌めくこっくりとしたお色目の金銀の合間に、所々青竹色をのぞかせながら、名物裂として名高い有栖川文様を整然と並べた袋帯です。こちらは西陣の名門機屋・桝屋高尾さんの代表作として広く知られている ねん金綴錦のお品。ねん金綴錦は金箔を巻き付けた真綿糸を用いて製織されており、奥深い輝きと真綿の軽やかな質感を併せ持つ独特の景色が、晴れやかなお席の装いを華麗に引き立ててくれますね。これまでもシンプルな段霞文や割付文を中心にご紹介してまいりましたが、今回ご覧頂くお品は素材そのものの贅沢な個性に加えて名物裂由来の格調高い意匠、そしてやや明度を落とした金銀糸がより重厚な趣きを添えています。合わせる着物の色柄を選ばず、様々な場面で活躍してくれるフォーマル帯の名品。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。