銀座【着物4041】本場結城紬 檳榔子染色 籠目崩し(反端 証紙付)

銀座【着物4041】本場結城紬 檳榔子染色 籠目崩し(反端 証紙付)

明度を落とした檳榔子染色が近いでしょうか。黒に近い程に色を深めた灰みの茶系を背景に、利休鼠色の精緻な絣で籠目を崩したように不規則に重なり合う幾何文が織り出された本場結城紬の着物です。亀甲絣と蚊絣を細やかに使い別けて表現された景色は、渋く枯れたお色目とも相俟って独特のモダンな趣きが感じられ、季節の染め帯から画像のような個性的な作家作品まで多彩な帯をしっかりと受け止めてくれますね。帯合わせ次第で様々な着こなしをお楽しみ頂けることと思います。本場結城紬は真綿から人の手でゆっくりとつむがれた特別な糸を経緯に用い、熟練の技術を持つ方々の手間暇を惜しまぬ丹念な手仕事によって生み出される贅沢な織物。あらゆる工程で大切に慈しまれた布には、軽く柔らかく奥深い光沢を備えた絹という素材の素晴らしい特質が、余すところなく引き出されていますね。着る人を暖かく包み護る極上の一枚、ぜひお手に取ってご覧下さいませ。