銀座【着物4064】本場久米島紬 ゆうな染 着物(反端 証紙付)

銀座【着物4064】本場久米島紬 ゆうな染 着物(反端 証紙付)

2004年に国の重要無形文化財にも指定された久米島紬は、琉球王府以来の技法をそのままに、糸染めから織りまでの工程の殆ど全てを織り手が一人でこなす、紬の原点ともいえる織物ですね。こちらは透明感のある淡いグレイが印象的なゆうな染めの着物。清々しい彩りを背景に草木を染料に用いた茶みを含んだ優しい黒を用いて、伝統的な琉球の絣柄が表現されています。経緯絣、緯絣を使い別け、仄かな赤みを帯びた絣足を残しながらくっきりと、またほんのりと浮かぶそれぞれのかたちに、久米島紬らしい穏やかな温かみを感じますね。比較的大ぶりの絣に沖縄らしい力強く朗らかな個性が光るお品。ゆうな染めの澄んだお色には、泥染めの穏やかな黒とはまた趣きの異なる独特の魅力があり、春秋の頃にはその爽やかな美しさが一層映えることと思います。どうぞお手に取ってご覧くださいませ。