銀座【着物4074】本場結城紬 練色 亀甲詰(反端 証紙付)

銀座【着物4074】本場結城紬 練色 亀甲詰(反端 証紙付)

落ち着いた練色が近いでしょうか、灰黄みを帯びたオフホワイトの地に墨黒の細かな亀甲絣を詰めた本場結城紬です。かちりと合わせられたシンプルな絣文が整然と並ぶこちらのようなお品は、少し前ですと男物として扱われていましたが、現代ではその凛として端正な趣きが多くの女性に好まれていますね。産地としての生産量が激減した現在では飛び柄や無地などが主流となっており、ベタと呼ばれるこちらのような総柄の亀甲絣は絣にも製織にもとりわけ手がかかるため、新しいお品は殆ど見られなくなったと聞いております。遠目からは無地感覚でありながらも景色に独特の揺らぎが感じられる、精緻な100亀甲の稀少な一点、帯の背景としても万能で、季節の染め帯から織りの八寸、モダンな洒落袋など様々な帯合わせをお楽しみ頂けそうですね。国の重要無形文化財に指定される昔ながらの技法を守り、大変な手間と時間をかけて制作される本場結城紬…そのふっくらとして軽やかな風合いの素晴らしさは、やはりお召しになってこそ実感頂けるもの。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。