銀座【帯5048】佐波理綴 袋帯 銘「八坂春定」(反端 説明書付)

銀座【帯5048】佐波理綴 袋帯 銘「八坂春定」(反端 説明書付)

佐波理とは銅・錫・鉛の合金を材とした正倉院御物とのこと。昼夜の光量の違いで目に映る色調が大きく変わると言われるこの素材に因んで、こちらの織物は「佐波理綴」と名付けられたそうです。今回のご紹介は「八坂春定」と銘された袋帯、満開の桜と八坂神社南楼門の夜景色でしょうか。蒲葡色や青緑色などの鮮やかな彩りを載せたメタリックな糸によって、発光しているかのように煌めく幻想的な風景が精緻な織りで美しく表現されていますね。場所の明暗によって細やかに変化する奥深い表情は、どのような豪華な着物にも負けない迫力を備え、帯合わせの難しい個性的な作品などもしっかりと受け止めてくれそうです。上質な色無地などシンプルな装いに合わせて帯の特性をアピールして頂いても素敵ですね。織の宝石と称され、西陣の帯の中でも独特の存在感を持つ佐波理の帯、どうぞこの機会にご覧くださいませ。