銀座【着物4112】岡重製 染小紋 牡丹鼠色 更紗花文(反端付)

銀座【着物4112】岡重製 染小紋 牡丹鼠色 更紗花文(反端付)

やや明度を落とした牡丹鼠色が近いでしょうか。微かに花葉の地紋が浮かぶ灰みがかった淡い紫色を背景に、繊細な筆によってエキゾティックな更紗花が一面に配された小紋です。滅紫色の濃淡色を置いたあでやかな花、爽やかな薄萌葱色を差した葉が絡み合う優美な景色に、花葉をほっそりと縁取る金彩の煌めきが一層の華やぎを運びます。こちらは京友禅の名門として知られる岡重さんの作。確かなお仕事を重ねて制作されたお品ならではの気品豊かな存在感が着る方をしっかりと支え、様々なお席で小紋らしいもの柔らかな表情、品の良い甘みをお楽しみいただけることと思います。明るい陽射しあふれる春のお出かけにいかがでしょうか。