銀座【着物4113】浦野理一作 経節紬 薄葡萄色 無地(反端 紙札付)

銀座【着物4113】浦野理一作 経節紬 薄葡萄色 無地(反端 紙札付)

薄葡萄色が近いでしょうか、僅かに灰みを帯びた明るい薄紫系のお色目が美しい無地紬です。こちらは日本各地の伝統的な染織技法やその歴史についての深い理解をもとに、吟味された素材と妥協のない仕事によって、その一つ一つを最高のかたちで再現なさった染織家 浦野理一さんの作。大きな節のある手つむぎの糸がつくる素朴な景色が印象的な経節紬のお品です。時間をかけた丹念な手技から生まれる趣豊かな布は、浦野さんの代表作として多くの方から愛された名品でしたが、残念ながらその技術は伝えられることなく生産が終わっています。今回ご紹介の着物はふわりと心華やぐようなアイリス系のお色。程よく落ち着かせた上品な甘みが大人の女性らしさを引き出してくれそうですね。合わせる帯次第で様々な場面で活躍してくれる上質な無地紬は、現代のワードローブに欠かせないアイテムとなっていますが、中でも浦野理一さんの経節紬は別格の魅力を備えた一点。節立った糸は一般的な紬とは全く異なるどっしりとした存在感を創り出し、作家作品など力のある帯もしっかりと受け止め、引き立ててくれますね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。