銀座【帯5117】琉球花織 名古屋帯

銀座【帯5117】琉球花織 名古屋帯

青白橡色が近いでしょうか。灰みがかった渋めのグリーン系の紬地に落ち着いた同系色の濃淡色に赤白橡色、黒鳶色や蒸栗色などさまざまな彩り、そして太糸を用いた手花織や、繊細な緯浮花織を細やかに使い分けながら、複雑で装飾的な幾何文様を表現した九寸名古屋帯です。沖縄には各地に花織が伝えられており、技法が重なる部分もあるため特定はいたしかねますが、こちらは読谷山花織でしょうか。高度な技術を駆使して、美しいモチーフが地を埋め尽くすように贅沢に配されていますね。花織ならではの上品な愛らしさ、そしてこの地の染織品らしい手仕事の温かみが生きる、工芸色豊かな優品、紬や小紋に合わせて心弾む装いをお楽しみくださいませ。