銀座【着物4125】日本工芸会正会員 坂井教人作 単衣 訪問着(落款入)

銀座【着物4125】日本工芸会正会員 坂井教人作 単衣 訪問着(落款入)

紅掛空色が近いでしょうか。灰みを帯びた青紫系の地にごく繊細な蝋叩きを施し、滝のように流れるラインと共に枝垂れる桜や八重桜の花々を配した単衣の訪問着です。一輪一輪精緻な糸目で丹念にかたどられ、淡い彩りで美しく染め上げられた可憐な花たちが贅沢に肩裾を埋め尽くすお品。小さく煌めく金彩や明るい翡翠色が優しい引き締め役となっていますね。こちらは鎌倉に居を構える友禅作家・日本工芸会正会員の坂井教人さんの作。鎌倉友禅の名で確かな筆力と現代的な感性が生きる着物や帯を制作なさっている作家さんです。鎌倉友禅は気品、と仰るこの方らしい清澄な空気を感じさせる優品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。