銀座【着物4163】夏黄八 着物 灰茶色 格子文

銀座【着物4163】夏黄八 着物 灰茶色 格子文

本場黄八丈の命は染め。刈安、椎、マダミを材として何回も何回も繰り返される丹念な染めによって、金茶、樺、黒の三色の美しく堅牢な色が生まれます。こちらは黄八丈独特の染めを施した糸を用いた薄もの、夏黄八の着物。糸染めは八丈島にて行い、製織の技術に優れた小千谷にて織り上げられています。灰茶色を基調として黄土色や白色を効かせて表現されたシンプルな格子文が、チェックのようにモダンな印象を与えるお品。こっくりとした彩りが白い襦袢を透かすことで一層の涼を誘いますね。袷の黄八丈よりもややマットで落ち着いた印象ですので、お召しになる方や年齢を選びません。季節の染め帯や素材感のある八寸などを合わせて、爽やかな装いをお楽しみくださいませ。