銀座【帯5190】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯(反端 証紙付)

銀座【帯5190】国指定重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯(反端 証紙付)

経糸には黒緑色を基調に岩井茶色や亜麻色を添えて縞やシンプルな絣を置き、緯糸には黒緑色を通した八寸名古屋帯です。こちらは経緯に手績みの苧麻糸を用い、全ての工程で手間暇を惜しまぬ丹念な手仕事を要する、国の重要無形文化財指定の技術を用いた越後上布。枯れた味わいのある落ち着いたお色目がとてもシックな雰囲気のお品です。芯の入らない八寸は盛夏にも熱がこもらず、ひんやりとした手触りが実に涼やか。越後上布という極上の素材ならではの快適な締め心地を、存分にお楽しみ頂けますね。無地場を大きく残すことで深みのあるお色目が良く生かされており、装いの引き締め役としても活躍してくれそうです。越後上布・小千谷縮布技術保存協会制作者の小河正義さん作。夏紬や上布などに合わせて、夏のお出かけにいかがでしょうか。