銀座【帯5192】しな布 八寸名古屋帯

銀座【帯5192】しな布 八寸名古屋帯

芝翫茶色が近いでしょうか。木の皮の繊維そのもののナチュラルな色、張りのある素朴な糸の表情が味わい深い、しな布の八寸名古屋帯です。しな布は縄文期までその歴史を遡ることができる古代布の一つ。現在では山形県や新潟県の一部で僅かに織り継がれている稀少な織物です。しなの木の硬い樹皮を長い時間をかけて糸に績み、丹念に織り上げられた布は丈夫で水にも強く、さっくりとして野趣豊かな布味は夏の帯地としてもとても魅力的ですね。今回のご紹介は、しな布の地に繊細なドロンワークが施されたお品。ごく細い糸によって透かし模様などを入れた短冊型の装飾文が置かれています。しな布とは対照的な個性を添えることで、現代的な洗練を重ねた一点。上布や夏織物、木綿着物など幅広い装いに合わせてお楽しみくださいませ。