銀座【帯5200】西陣 紋屋井関製 御寮織 袋帯(栞付)

銀座【帯5200】西陣 紋屋井関製 御寮織 袋帯(栞付)

室町期より御寮織物司として宮中の装束などを手掛けられ、今も西陣屈指の歴史を誇る名門機屋として格調高い上質な帯をつくり続けておられる紋屋井関さんの作、本金箔や本金糸、銀箔糸など贅沢な素材を惜しみ無く用いて高度な手織技術で織り上げる帯・御寮織の袋帯です。こちらは経糸には葡萄鼠色や亜麻色、木蘭色に利休鼠色を締切絣のかたちで段替わりに置き、緯糸には亜麻色や金銀糸、ラメ糸などを通したお品。シックな彩りと絣足が織り成すシンプルな景色を、金銀糸やラメの煌めきがほんのりと包み込む、モダンな華を感じさせる一点です。様々な系統のお色目がバランス良く配されていますので、合わせる着物の色柄を選ばず、小紋から付下げ、軽めの訪問着など幅広い装いにお使いいただけることと思います。さっくりと軽やかな地風は単衣時期から袷まで、スリーシーズンお楽しみいただけそうですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。