銀座【帯5205】絽刺し 袋帯 胡桃染色 蘭花の図(反端付)

銀座【帯5205】絽刺し 袋帯 胡桃染色 蘭花の図(反端付)

繊細な地紋がほんのりと浮かぶ胡桃染色の地に、絽刺しによる植物文が切り嵌められた夏の袋帯です。地色と美しく調和する上品な彩りに小さく金糸を添えて表現された花葉は和蘭を思わせますが、あちこちにのせられた白の色は雪持ちの景色を意味しているのでしょうか。シンプルながら美しい構図、絹糸の光沢が生きる絽刺しならではの端正な表情が印象的なお品ですね。公家の手すさびとして伝えられてきた絽刺しは現在も手芸的な位置付けで残っていますが、こちらは職人技としての高度な絽刺しを着物や帯のかたちとする工芸作家 坪倉祥夫(鳳祥)さんの作品。西陣の名門 織文意匠 鈴木さんの手になる、程よい張りと透け感を備えた上質な帯地を台に用いた拘りの一点です。小紋や夏紬などに合わせて、単衣から夏を通してお楽しみいただけそうですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。