銀座【着物2495】単衣 訪問着 絹鼠色 萩の図 (落款入)

絹鼠色が近いでしょうか、極淡いグレイの裾濃暈かしを背景に垣に白萩が描かれた単衣の訪問着です。朝霧の中に溶け込んでいくような花葉の美しい姿が実に幻想的で、日本画を思わせる風情豊かな景色が、見る人にも清々しい空気を運んでくれますね。季節を纏う楽しみは着物ならではのものですが、とりわけ夏ならではのモチーフや涼やかな素材感にはとりわけ心惹かれます。秋のひとときのための贅沢な社交着、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2494】繍一ッ紋 刺繍付下げ 水柿色 花の丸文 (銀座きしや扱い・畳紙付)

水柿色が近いでしょうか、柔らかなサーモンピンク系の地に花の丸や小さなつぼみなどを繊細な刺繍ではらりと散らした上品な付下げです。五三の桐と松竹梅をアレンジした繍いの洒落紋付、すっきりと空間を生かした無地感覚のお品ですので、帯合わせも自在にお出かけからお祝いのパーティなど幅広い場面で活躍してくれることと思います。こちらは銀座を象徴する名店として知られたきしやさんの扱い。その気品香る色遣いと洗練された意匠は、きしや好みという個性として多くの方の憧憬を集めましたね。どなたにも好感度が高い優美な装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2493】絽付下げ 黒色 細布並べ

短冊のようにも束ね熨斗のようにも見える愛らしい細布が黒地の絽に配された、夏の付下げです。それぞれ小さな花文や割付文が詰められた優しいかたちが行列のように並ぶ独特の構成が、とてもモダンな印象ですね。画像では染め帯を合わせていますが、シンプルで小ぶりのモチーフは合わせる帯を選ばず、絽や紗の格高の袋帯などを合わせて頂けば改まったお席にも活躍してくれそうです。短冊と見立てれば七夕の頃の装いにも似つかわしく、帯合わせや小物合わせで風趣ある装いをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2492】日本工芸会正会員 毎田健治作 本加賀友禅 絽 訪問着 秘色色 撫子に鷺草の図 (落款入) 

秘色色が近いでしょうか、爽やかな淡いブルーの裾濃暈かしを背景に撫子や鷺草が配された絽の訪問着です。こちらは日本工芸会正会員として活躍なさる加賀友禅の重鎮・毎田健治さんの作、繊細な糸目や風情ある虫喰い、ほんのりと優美な暈かしなど加賀友禅の正統を行く円熟の技術が随所に光るお品です。写実的な趣きを残しながらも色やモチーフにモダンなアレンジが加えられており、加賀友禅らしい奥ゆかしさを備えつつも現代の空間にすっと映える、洗練された存在感をお楽しみ頂けることと思います。秋草の儚くも瑞々しい美しさが、たおやかな描線や清澄な彩りによって遺憾なく引き出された夏衣の名品、この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2491】本場琉球絣 壁上布 灰白色 横段に絣文 (証紙付・しつけ付) 

沖縄・南風原で織られている琉球絣は、手織りながらカジュアルにお楽しみ頂ける紬として広く親しまれていますね。こちらは同じく絹素材の手織りの紬ですが、壁糸と呼ばれる独特の強撚糸を緯糸に用いた夏物。極薄手で張りを持ち、微細な凹凸のあるややざらりとした質感は肌に付かず、汗ばむ盛夏にも快適にお召し頂けます。こちらは灰白色が近いでしょうか、やや灰みを含んだオフホワイトを背景に滅紫色のペンシルストライプ、重ねて夏虫色と榛色、藍鉄色の濃淡の横段に琉球絣らしいシンプルな幾何絣が配されています。近く見れば紫の細縞の間にも様々な彩りの縞がほんのりと浮かぶ手の込んだ一枚、夏らしい清涼感あふれる装いをお楽しみ頂けることと思います。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2490】明石縮 枯野色×薄色 縞 (証紙付・しつけ付)

伝統的工芸品にも指定される明石縮は、強撚糸によるきめ細かなシボがつくるしゃりっとした質感の織物です。肌に付かず、薄すぎずほんのりとした透け感のある地風は単衣時期から夏を通してお楽しみ頂けます。こちらは淡い枯野色と薄色が近いでしょうか、淡い灰みの紫系と極淡い灰みのベージュ系の二色の縞の幅を少しずつ違えることで仄かなグラデーションのような効果を生み出したシンプルな一枚、女性らしい爽やかな色調で無地感覚のお品ですので、季節の染め帯から洒落みのある織りの帯まで様々な帯合わせをお楽しみ頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る