銀座【着物2457】単衣 付下げ 薄桜色 撫子の図

薄桜色が近いでしょうか、淡く優しいピンク系の地に紫鼠の霞、重ねて撫子や萩がさらりと描かれた単衣の付下げです。ほっそりとした金彩の縁取りやさり気ない繍いを添えて、秋草の楚々とした美しさを繊細に表現したお品、女性らしい上品な甘さと夏衣らしい風情が着る人を涼やかに引き立ててくれることと思います。社交着としての存在感を備えながらも一歩引いた感のある付下げは何かと活躍の機会も多いもの。単衣も良いお品を一枚ご用意頂くと安心ですね。ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2456】単衣付下げ 紅消鼠色 波に千鳥の図 (しつけ付)

紅消鼠色が近いでしょうか、灰みの強い暗い紫系の地にすっきりと走る霞、網干や千鳥、葦などの浜辺の景色が繍いを添えて細やかに表現された単衣の付下げです。抑えたお色目ながら、紫という色独特の上品な女性らしさが香る一枚、風情ある景色が季節を運びます。竪しぼを思わせるさらりとした地風も単衣に相応しく、訪問着に比べますと一歩控えた表現はちょっとしたお出かけから改まったお席、華やかな会合など幅広い場面で活躍してくれることと思います。ぜひこの機会にお手に取ってご覧下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2455】新田英行作 紅染の手紬「雛の宵」 (証紙付)

経糸には穏やかな辛子色、緯糸に松葉色や老竹色・藤煤竹色や江戸鼠色などを配して、優しい彩りを横段暈かしに置いた紬です。こちらは紅花を中心とする草木染の紬で名高い米沢の新田工房・新田英行さんの作品。米沢の紅花紬の産地でも現在では化学染料を併用したお品が殆どとなっていますが、こちらの紬で使用している糸は全てが天然染料で丹念に染め上げられています。落ち着いた印象のお色目ながら外の明るい陽差しの下では、上質な真綿糸ならではの見事な光沢と共に澄んだ彩りが清々しく輝き、着る人を朗らかに包んでくれることと思います。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2454】単衣 薩摩絣 生成色 四弁花文 (西武扱い)

生成色が近いでしょうか、僅かに黄みがかったオフホワイトの地に、精緻な亀甲絣や蚊絣を駆使して四弁の花が見事に表現された薩摩絣の単衣着物です。極細い番手のエジプト木綿糸を用いて手機で丹念に織り上げられる薩摩絣は、木綿織物の最高峰として名高い布。滑りが悪く湿度でも狂いが出やすい木綿糸の難しさを、東郷織物の永江明夫さんが長年の研究の末に乗り越え完成させた織物で、木綿の認識を覆すような滑らかな風合いと洗練された表情で私たちを魅了します。正藍染の綿薩摩の凜々しさもすばらしいものですが、柔らかな色味の白薩摩には、ぜひこの季節にこそ袖を通したいと思わせる独特の清々しさがありますね。親しみ深い木綿のぬくもりを残しながらも、贅沢に手を掛けられた織物ならではの風格を備えたお品、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2453】汕頭刺繍 訪問着 青白橡色 更紗花文

やや色を薄めた青白橡色が近いでしょうか、灰みを帯びた淡いグリーン系を背景に精緻な汕頭刺繍を添えた更紗花文を段替わりに配した訪問着です。髪よりも細い糸を用い、背景のドロンワークから複雑な意匠の一つ一つに繍いが重ねられたお品、繊細な文様が刺繍によってくっきりと立体的に浮かび上がる景色がとても贅沢ですね。刺繍がふんだんに施された着物はパーティなど華やかな場面でもとりわけ存在感がありますが、こちらは静かな中間色を主調としていますので一歩引いた雰囲気が好ましく、上品で落ち着いた印象の装いをお楽しみ頂けることと思います。この機会にどうぞお手に取ってご覧くださいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【着物2452】本場奄美大島紬 単衣 白色 細縞に幾何絣 (証紙付)

清々しい白を背景に細い縞、重ねて亀甲型の絣を散らした本場奄美大島紬の単衣です。軽くしなやかで捌きの良い大島紬は、単衣でお召し頂くとその快適な着心地をよりはっきりと実感頂けますね。気候の温暖化の影響もあり、気軽な街着でしたら連休辺りからはもう単衣をお召しになる方も多くなってきています。夏へと向かうこれからの季節、日々強さを増す陽差しの中では、白大島の魅力が一段と映えることと思います。シンプルな飛び柄ですので帯合わせも自在、季節の染め帯や涼やかな八寸を合わせて、初夏ならではの颯爽とした装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る