銀座【帯1895】縮緬地染名古屋帯 薄鴇色 御所解文

ほんのり優しい淡いピンクの縮緬地に菊花や萩、笹や桜楓が繊細な刺繍と共に配された、優美な御所解文様の染め帯です。愛らしい染疋田を添えた、やや大ぶりの花々の姿が 上品な華やぎを見せるお品、どなたにも愛されるはんなりとした景色が、見る人の心に残る装いをつくり出してくれることと思います。光沢感のある織物や無地紬、小紋から軽めの付下げなど、幅広い装いに合わせてお楽しみ下さいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1894】西陣 河合美術織物製 袋帯 花菱文

老竹色、濃鼠、空色、灰青、洗朱など柔らかな中間色を格天井の形に配し、華やかに装飾された花菱文を置いた袋帯です。こちらは唐織りを中心とした上質な帯づくりで知られる西陣の名門・河合美術織物さんのお品。贅沢な金糸遣いが映える重厚な景色に、こちらの機屋さんならではの高い技量がうかがえますね。互いに引き立て合い、絶妙な調和を見せるまろやかな 彩りは合わせる着物のお色を問わず、装いに現代的な洗練を添えて引き立ててくれることと思います。晴れやかなお席にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1893】塩瀬地染名古屋帯 黒色 宝尽くし文

黒の塩瀬地に、彩りも鮮やかに宝尽くし文が散らされた染めの名古屋帯です。一つ一つじっくりと見入ってしまうような楽しいかたちに、ヴィヴィッドなブルーを効か せたモダンな色遣いがとても新鮮ですね。紬から軽い付下げまで、幅広い着物に合わせて重宝にお使い頂けるお品、新年の装いやちょっとしたお祝いの席など出番も多いことと思います。この機会にいかがでしょうか。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1892】人間国宝 森口華弘作 縮緬地染名古屋帯 白鼠色 槍梅図

白鼠色が近いでしょうか、雪を思わせる極淡いグレイの縮緬地に、寒中凜と咲き誇る紅白の梅が描かれた名古屋帯です。こちらは重要無形文化財「友禅」の保持者、故・森口華弘さんの作品。華弘さんはとりわけ梅のモチーフを得手となさった方でしたが、蒔糊を背景とした代表的な作品が見せる完成された構成や緻密な表現とは趣の異なる、伸びやかで力強い描線は、より身近に親しむことのできるこの方のもう一つの美のかたちを教えてくれますね。冷たく透んだ冬の空気を貫くように花開く、槍梅の健気な姿が心に響くお品、馥郁たる香りと共にいち早く春を告げる清々しい花を、紬や小紋にのせてお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1891】西陣 木野織物製「菱屋善兵衛」袋帯 黒色 宝尽くし

「菱屋善兵衛」の屋号で上質な帯をつくり続ける創業200年の老舗・木野織物さんの袋帯です。こちらは黒地に宝尽くしや松竹梅、鶴などがぎっしりと織り込まれたおめでた尽くしのお品、色遣いは一歩控えめながら、絹糸の光沢や金銀糸が黒を背景に清々しく際立ち、気品豊かな華を見せています。黒地に宝尽くしの帯はお正月はもちろん、ちょっとしたお祝いの会から晴れやかなお席まで、合わせる着物によって幅広い場面で重宝にお使い頂けます。この機会にぜひお手に取ってご覧下さいませ。
この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯1890】袋帯 段替わりに貝合わせ

鳶色と象牙色の段替わりを背景に、ゆったりと貝合わせ文が配された唐織の袋帯です。それぞれの貝には白糸の青海波や七宝・亀甲などの割付文、また梅や牡丹・松楓に菊花秋草など四季折々の花木がふっくらと織り詰められており、優美で女性らしい華のある景色が生まれていますね。帯の基調となるシックな鳶色は落ち着いた赤みが印象的。締める方や年齢も幅広く、色無地や格高小紋、また付下げや訪問着などの装いに重宝頂けることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る