銀座【帯2997】日本工芸会正会員 藍田正雄作 塩瀬地染名古屋帯 (落款入・畳紙付・銀座もとじ扱い)

江戸小紋の第一人者として活躍なさった日本工芸会正会員・藍田正雄さんの作品から、千草鼠色地の塩瀬地染名古屋帯です。こちらは藍田さん独自の板引き杢と呼ばれる技法によるお品、繊細な万筋の型を部分的に僅かにずらすことで生まれるモアレが、揺らめく水紋や木の杢目のように幻想的な景色を創ります。加えて銀座もとじさんのプロデュースによる純国産の特別な絹糸・プラチナボーイを用いた白生地は質感の素晴らしさと発色の良さもやはり格別ですね。紬や小紋の装いをモダンに引き締める染め帯の逸品、高度な技術から生まれる洗練された世界をどうぞお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2996】絽袋帯 練色 装飾菱文

穏やかなオフホワイトの絽を背景に、金銀糸に所々藍鼠色や山鳩色、白茶色や錆鼠色などの落ち着いた彩りを添えて、菊花や桐花などを装飾性の高い菱文に配した夏の袋帯です。紋綴れのように薄手のものからレリーフのように立体感のあるものまで、様々な表情の織りが奥行きある景色を創るお品、金銀を主調として挿し色を抑えていますので合わせる着物を選ばず、夏の改まったお席の装いをすっきりと引き立ててくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2995】山本由季作 紬地染名古屋帯

緑みをぐっと深めた青白橡色が近いでしょうか、仄かに灰色がかった柔らかなグリーンの紬地に絞りと染めを用いて、花と遊ぶうさぎたちの姿が伸びやかに表現された染めの名古屋帯です。花咲く季節を迎えたうれしさに飛び跳ねているようなうさぎたちがとても微笑ましいお品、ほのぼのとしたモチーフや優しい色遣いに心和みますね。こちらは染色作家・山本由季さんの作品。宮城県の豊かな自然に囲まれた工房で、花や虫・動物たちをモチーフとしたファンタスティックな世界を着物や帯のかたちに創り上げていらっしゃいます。大人の女性にこそ楽しんで頂けるその無垢で上質な甘さを、ぜひこの機会にお手に取ってご覧くださいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2994】西陣 紋屋井関製 袋帯 黒色 宝相華に尾長鳥

室町期より御寮織物司として宮中の装束などを手掛けてこられた紋屋井関さんは、今も西陣屈指の歴史を誇る名門機屋として広く知られています。こちらは黒地に細やかな織りで宝相華や尾長鳥が表現された袋帯。白鼠色を主調に藍鼠色や木蘭色、柳茶やときがら茶などの落ち着いた彩りで明るさを添え、要所に金銀を効かせて格調高いモチーフを浮かび上がらせています。上質な絹糸の光沢と端正な織りが紋屋井関さんらしい気品ある景色を創るお品、高い格調と独特の清々しさが、お茶の席など改まった日の装いを凛と引き締めてくれることと思います。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2993】西陣 川島織物製 本袋帯

青藍色と紺藍色の中間が近いでしょうか。紫と青が溶け合う個性的な彩りを背景に正倉院裂としても名高い葡萄唐草文を置き、重ねて二色の金糸を用いた華麗な唐花をゆったりと配した袋帯です。大らかで重厚感のあるモチーフをモダンな色と大胆な構成で表現したお品、ニュアンスのある色と上代裂特有のエキゾティックな趣きはどこか洋の雰囲気を漂わせ、ホテルのパーティなど広い空間でも一際美しく映えそうですね。こちらは西陣の老舗機屋・川島織物さんの作、しなやかな締め心地や美しく整うお太鼓のかたちが、素材の良さや確かな技術を物語ります。紋付や訪問着などフォーマルな装いをしっかりと受け止めてくれる川島さんの帯、この機会にいかがでしょうか。

この商品のONLINESHOPページを見る

銀座【帯2992】白山工房製 本場牛首紬地 洒落袋帯 (落款入・反端付・未使用)

檳榔子染色が近いでしょうか、やや灰みを帯びた暗い茶系の地に霰文、重ねて細かく金を散らしたモダンな抽象文様が配された染めの洒落袋帯です。シンプルながら構成や色遣いに洗練を感じさせるお品、帯締めや帯留めなどの小物の背景としてもとても魅力的ですね。こちらの染め下地には石川県の無形文化財に指定されている本場牛首紬が用いられています。小さな節が趣深く、釘抜きとも呼ばれる堅牢さとしなやかな風合いで定評ある牛首紬は、玉繭から人の手で無理を掛けず少しずつ引き出した糸を用いる上質な紬で、もちろん帯としての締め心地も格別です。ドレッシーな紬や艶感のある織物・小紋などに合わせて、こなれ感のある大人の装いをお楽しみ下さいませ。

この商品のONLINESHOPページを見る